マンションは何階に住むのが良い?それぞれの特徴をご紹介します!

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

マンションに住むときに気になる階数。

何階に住むと良いと思いますか?何階に住みたいという希望はありますか?

このくらいの階数に住んでみたいな~と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか(^^♪

私は次に住むとしたら高層階に住みたいな~と考えていますが、その理由は眺望!そして通気性。カーテンをしめずに視線を気にしない生活がしてみたいと考えています。

高層階は一般的には10階以上の階数からのことをいいます。

まわりの建物の状況にもよりますが、陽当りがよく風通しがよいので夏でも快適にすごせます。

山や川、札幌市内が見渡せるなどの眺望があると嬉しいですね(*^^)

マンションは上の階数に行けば行くほど家賃や販売価格が高くなります。

また、エレベーターの速度や台数によっては、外や玄関に着くまでの待ち時間がかかってしまう可能性があります。

地震の揺れも大きくなるため不安な方は注意が必要です。

最上階は、戸数自体が少なくプレミア感があるのも魅力の一つ。

上階の音をきにせず、高層階と同じように眺望にも期待が出来ます。

最上階は家賃や販売価格が上層階以上に高くなります。

また、屋上から泥棒に入られる場合があるので防犯対策もしっかりする必要があります。

どの階でも言える事ですが油断は禁物です。

 

1階の物件は家賃や販売価格が安く設定されています。

荷物が多くてもすぐに室内へ入ることができるためストレスを感じることがありません。

エレベーターが来るのを待たなくて良い・専用庭がある物件もあるのが魅力ですね!

子どもやペットの足音が気になる方にも1階はオススメです。

1階は人の視線が気になりやすく、空き巣が侵入しやすいデメリット・車や人の声が聞こえやすいデメリットがあります。

2階から5階の低層階やそれ以上の中層階は、1階よりは高く高層階よりも安い家賃・販売価格になります。

低層階は非常階段やエレベーターの利用がしやすく、物件によっては中層階に駐車場がある場合もあるため駐車場への移動もラクなことがあります。

1階が駐車場になっていれば、2階でも生活音を気にせずに暮らすことができますね!

上下にお部屋があると室内があたたかい場合もあります。

周辺の状況によっては外からの視線や音が気になりやすいです。

また、眺望も目の前が公園など開けた場所であれば開放感が期待できますが、建物があると眺望は期待できません。

賃貸・分譲、どちらの場合でもご予算によって希望の階数に住むことができないかもしれません。

エリアを広く検討することができれば、希望の階数に予算内で住むこともできるかもしれません。

どんなに高層階に住みたくても予算によっては難しい場合もあります。

住む階数によっても住み心地は変わりますが、同じ階数でも住む部屋によっても快適さが変わる場合もあります。

何階が良いのかはその人によって変わります。

それぞれの階数の良い部分・悪い部分を知り、ご予算や優先する条件を考えて何階が良いのかを検討するのが良いのではないでしょうか♪

気になる物件は内覧して、不動産会社の担当者に相談して検討するのが良いですよ(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

 

タイトルとURLをコピーしました