ブレーカー落とさないで!!3月も凍結に注意。

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!日中プラスの気温が数日続きましたね。

この調子で雪がなくなって一気に春の陽気になってほしいものです(*’▽’)

まだ朝晩はマイナスになりますので水道管の凍結には注意が必要そうです。

 

水道管が凍結してしまう気温はマイナス3度~4度と言われています。マイナス3度から凍結のリスクが高くなりマイナス4度くらいから完全に凍結してしまう可能性があります。

気温の他に、設置場所や風なども凍結しやすい条件となるので北海道はもう少しの間、注意が必要です。

水道管を凍結させないために、水抜きをしたりチョロチョロと水を出しておいたり・暖房は弱くしてつけっぱなしにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今年はニュースになりませんでしたが、水道管の破裂が原因で階下のお部屋まで水浸し・滝のように天井から水が流れてきている映像を見たことがあるかたも多いかもしれません。

北海道の3月はまだまだ寒いことが多いので引き続き凍結に注意しましょう(^^)/

冬の間、長期不在にするなどで水抜き・ブレーカーを落としてから外出されていませんか?

今年は見ることはありませんでしたが、毎年1件は必ず凍結による給水管の破裂で大変なことになっている物件を見ていました(;^_^A

水道管に注意はしている方が多い印象ですが、意外と見落としがちなのが給湯器!!

物件によっては外に設置されていることがあります。長期の不在だけではなくお引越しなどでブレーカーを落として家を出られる方がいるのですが、そのブレーカー「絶対に落とさないでください!!」

真冬に万が一落としてしまうと一晩で破裂してしまうなんてこともあります。バルコニーがアナと雪の女王の世界のようになります。。ご自宅のバルコニーだけではなく階下までずーっとアナ雪になります。

給湯器には凍結防止ヒーターが内蔵されていて通常は破裂や故障は防げるものになっていますが、ブレーカーを落とす事でヒーターが効かずに凍結し破裂します。使用開始のためにブレーカーをあげても凍結が解消されていなくて破裂します。恐ろしい勢いで水が噴き出すためバルコニーは見たことのないような光景になるんです笑

スケートリンクと表現しますが、それ以上。

管理会社によってはブレーカーは絶対に下げないでくださいね。と教えてくれる場合も多いのですが全く知らなかったなんてこともよくあります。

給湯器の交換には数十万円かかりますので、外に給湯器が設置されている場合は絶対にブレーカーは落とさないようにしてくださいね♪

3月から水道凍結の被害は少なりますが油断は禁物です!

トイレが氷の世界になっているお部屋も見たことがあります(^_^;)写真でお見せできないのが残念。

春まであともう少し!体調と凍結に気を付けながら過ごしましょう(m^^)/~~~Happy♥

 

タイトルとURLをコピーしました