賃貸物件にドラム式洗濯機は置ける?築年数が古い物件は要注意!!

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!!

去年、「ドラム式洗濯機」を購入した謎スタッフXです(*’▽’)

築年数が古く防水パンが設置されているマンションに住んでいるためドラム式洗濯機は置けないと諦めていました。

ところが!!

なんとギリギリはいったんです♪

もしかしたら皆さまのお部屋でも使用ができるかもしれません。

賃貸の場合、多くの物件には防水パンが設置されています。

防水パンには水漏れが起こった際の階下への被害をさせない役割や、排水に必要な高さを出すために置かれています。

この防水パンの寸法によっては洗濯機のサイズが決まってきます。

実際に測ってみると大きなドラム式洗濯機を置くことは私の家ではできませんでしたが、一部のドラム式洗濯機なら置けることがわかりました!!

(最近ではマンション用の小さいサイズのドラム式洗濯機も販売されています)

次に確認が必要なのが蛇口の位置です。

蛇口の位置が低い場合洗濯機本体とぶつかってしまい設置することができません。

蛇口を勝手に取り換えたりするのはやめましょう。

賃貸物件の場合は退去時に原状回復が必要です。

どうしても変えたい場合は必ず管理会社や大家さんに確認をしてから取り換えてくださいね♪

ドラム式洗濯機の場合は、ドアの開閉が左右どちらかとなります。

これを間違えてしまうと洗濯物の出し入れができません。

また、開く最大の寸法分のスペースも必要です。

最後に、搬入経路が確保できているかを確認しましょう。

エントランスやエレベーター・階段・ドアノブなど、洗濯機よりも大きな家具を搬入した経験があれば大丈夫かもしれませんが念のため確認しておくと安心です。

私の場合、自分でサイズを測り店員さんに店舗で相談をして洗濯機を選びましたが、念のために事前に洗濯機置場の採寸をお願いしました。

無事に置けることがわかり、いざ設置!!

と思ったら「置けません」と言われました~

(◎_◎;)?!

事前に置けるのを確認して購入したんですけど・・(涙)

と言ってみるとシブシブ・ブツブツ何かを言いながら取付に入ってくれて無事設置ができました~笑

たしかにギリギリですが、全く問題ありませんでした☆

ドラム式洗濯機が普及し始めたのが2000年代ですので、その頃から建てられた物件ではドラム式洗濯機がおけるように考えられている物件もありますが、2000年以前の物件の場合は縦型の洗濯機が設置されるようになっていることも多いです。

設置が可能かどうかは必ず確認しましょう!!

築年数が新しい場合でもサイズの確認は必要です。

節水にもなるドラム式洗濯機が置けると嬉しいですよね~♪

新モデル販売されると旧モデルが安く購入できます。

私はたまたま旧モデルのサイズがピッタリでモデルチェンジの時期だったのでお得に購入することができました!

もうまもなくその時期です。

旧モデルは数量が限定となっている場合もあるので早めにサイズを確認して家電量販店へ(@^^)/~~~Happy♥

※追伸

置けないですと言われても挫けずに事前の採寸をしています!と言ってくださいね笑

謎スタッフXより

 

タイトルとURLをコピーしました