繁忙期の物件探し「注意すること」

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは(^^)/

良い条件の物件が多くなってくる時期ではお部屋を探されるお客様が多くいらっしゃいます。

ライバルに先を越されないように!と焦るのはやめましょう。

慎重かつ迅速に検討することが大切です。

 

物件の募集は次々にでてくるので、もう少し待ったらもっと良い物件がそろうかな?と待ち続けていると、先に良さそうとチェックをしていた物件は募集が終了してしまう可能性が高い時期です。

条件がそろった物件は特に注意!1件でも見学予約を入れるのが良いです。

決めるのはその日ではなくても大丈夫ですが、実際に見てみると思ったより良いという事も多いです。

気に入った物件が見つかったら、住んだ時のイメージをしてみて契約を検討して早めに不動産会社へ連絡をいれましょう。

繁忙期の家賃交渉は難しくなってきます。

閑散期は空室にしておくよりは、家賃を下げて入居していただいた方が良いと考えてくれるオーナーもいるため交渉が通る可能性もありますが、繁忙期はお客様が集中してくるためそのままの家賃で入居してくれるかたを待つということが多くあります。

家賃交渉をしている間に他の方の申し込みが入ってしまうこともあるため、繁忙期の家賃交渉はあまりおすすめできません。

引越業者では、2月頃から徐々に費用が高くなり繁忙期に入る3月からは倍の価格になるケースも多くあります。

土日祝の料金が高く設定されます。平日であっても繁忙期にくらべると費用が高くなっています。

遠方へお引越しの方は高額な費用となる可能性もあるため、数社から見積をとり比較して予約をすると費用を少し抑えることができます。

複数の引越業者へ見積を依頼できるサイトもありますが、忙しすぎて返信が返ってこないということもあります。

見積がそろわない場合は電話で問い合わせしたほうが早い場合もあります。

物件が豊富にあると迷ってしまいますよね~

気に入った物件が後から出てきても、実際に見学するとイメージと違っていて最初に見た物件を見てみようと思ったときには他の方にが契約を進めている場合もあります。

退去予定であっても見学せずに決めちゃう!!という方もいらっしゃいます。

見学しないのはあまりオススメできませんが、どうしても住みたい物件であれば見学しないで決めるのが一番早く申込ができるかもしれません。

退去後はハウスクリーニングなどがはいりますが室内がどのような状況かはわからないため見学して納得されてから申込手続きに進むのをオススメしています。

あとで後悔することのないように気になった物件は見学し、こまめに最新の情報をチェックするのが失敗しない秘訣です(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

 

タイトルとURLをコピーしました