リフォームとリノベーションの違い

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!

物件を調べていると、リノベーション済・リフォーム済と記載のある物件を目にすると思いますが、リノベーションとリフォームの違いはご存知ですか?

似たような意味で使用されることが多いのですが、具体的に何が違うのかをご紹介していきます。

リノベーションは既存の建物に対して新たな機能や資産価値を付け加える改装工事です。

具体的には間取を変更したり、キッチンを最新型など機能性の高いものに変更するといった内容です。

リフォームは老朽化したスペースを新しく変えた場合のことを言います。入居者が退去した部屋を住む前の状態に戻す原状回復や新築に近い状態に戻すした場合はリフォームと記載されることが一般的です。

 

建物の価値を高めるリノベーションは自分好みに住居空間を変えることができ、中古物件をリノベーションする場合のコストは新築より20%~30%ほど安くなると言われています。コスト面でのメリットが大きい反面デメリットもあります。中古物件によっては築年数などによって費用や納期が変わり引渡しまでに時間がかかることもありますので注意が必要です。

また、リノベーションでは一般的なローンを利用できないため、ローンを組む場合はリフォームローンとなり一般的には住宅ローンよりも少し金利が高くなります。

どこまでをリノベーションするのか・設備や費用面は慎重に計画を立てるようにするのが良いです。

リフォームは、工事範囲が部分的のため費用を抑えられるほか工事の期間が短くすむ場合が多いです。

リフォーム工事は一部を補修するイメージですので、水廻りをもっと使いやすくしたい・フローリングを張り替えたいといった場合はリフォーム工事。キッチンの場所を変える・壁を壊して間取を広くする・戸建の劣化状態を確認して強度や機能性をあげたいなどの場合はリノベーション工事となります。

業者さんを探すときにもリノベーションを得意としている・リフォーム工事を得意としているといったことがあるかもしれませんので、探すときには工事内容がリフォームなのかリノベーションなのかを想像して業者さんを探してみるのも良いかもしれませんね!

物件を探して資料をよく見ている方も参考にしてみてください(m^^)/~~~Happy

 

タイトルとURLをコピーしました