仲介と買取の違い

この記事は約2分で読めます。

みなさまこんにちは!

不動産の売却には、「仲介」「買取」の2つの売却方法があります。

簡単に説明させていただくと、仲介は不動産業者が売主様と買主様の間に入り契約を成立させます。買取では不動産会社が所有者様から直接物件を買取る方法になります。

仲介ではポータルサイトの掲載や紙面などで買主様がみつかるまで売却活動を続けますので、いつ売れるのかはその時次第になります。買取では買主様を探す必要がないので、買取をしている不動産業者との交渉が成立すれば、すぐに買取の契約が進みますので売却が完了するまでのスピードが速いです。

早く売れるなら買取がいいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、一つだけ注意が必要です。

買取は仲介に比べると売却価格が低くなります。

買取をした物件は必要に応じてリフォームをし、再販しお客様を探すことになりますので、買取した価格より高く売却する必要があります。そのため、買取をする不動産業者は少しでも安く仕入れる必要があります。

仲介であれば相場などから売出価格を売主様と決めて販売を開始となりますので、買取と比べると仲介の方が高い売却価格となります。

できるだけ高く売りたいのであれば仲介がオススメですが、買取をした方がよい場合もあります。

・早く現金化したい

・相続や離婚などの理由で急いでいる

・室内の内装状態が良くない

・周りに知られたくない

室内のリフォームが必要と考えた場合、リフォームして仲介をするよりも買取をした方が手元に残る現金が多い場合があります。

所有の物件を売却することになる理由は様々です。

自分ににあう売却方法を選択することが大切です♪

どちらにするのが良いのかわからない場合はお話をお伺いしてアドバイスをすることもできますのでお気軽にご相談ください(m^^)/~~~Happy♥

 

 

タイトルとURLをコピーしました