物件購入時にかかる諸費用

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!3月に入り少しずつ春の気配を感じるようになりましたね!

今日は物件購入の際にかかってくる費用についてお伝えしていきます♪

購入にかかる費用は契約時・決済時のタイミングでそれぞれ支払いの必要がでてきます。

【契約時】

・売買契約書に貼り付ける印紙(売買金額により印紙代が変わります。)

・手付金

手付金の相場は購入代金の5~10%が目安とされております。手付金は契約を放棄した場合でも返金されることがありません。また、売主は契約成立後に契約の解除をする場合は手付の倍額を買主に返金することで契約を解除することができます。

【決済時】

・登録免許税(司法書士報酬も含まれますので、相場は事務所によって異なります。概算を出してもらうことをオススメします)

・仲介手数料(売買金額の3%+6万円×消費税)

・固定資産税(1月1日時点の所有者に請求されますので、引渡し日からの日割計算で買主様に請求されます。)

・管理費・修繕積立金・町内会費等(入居月の日割と翌月分など管理組合の締日で若干の変動があります)

・住宅ローンの保証料(一部金融機関でかかります)

・火災保険料(現金でのお支払いは少なく口座振替となりますので口座にお金をいれておく必要があります)

現金でご用意いただくものは、印紙代と買主様の手付金となります。

決済時に必ずお金を用意して頂く必要はありません。買主様は住宅ローンの中からお支払いいただく・売主様は買主様から受け取った諸費用や売買残代金の中からお支払いいただけます。

手付金の相場はある程度目安がありますが、必ずその金額にしなければならないというわけではなく、売主様にご相談して決めることができます。ゼロというわけにはなかなかいかないですがお支払いできる金額が足りないからと諦める必要はありませんのでご安心ください。

諸費用は購入前に概算を出すこともできますので、申込をする前に不動産会社に問い合わせをしてみてくださいね!

ご質問で多いのが「消費税」は売買代金に入っていますか?とお問合せをいただくことがあります。

個人が売主の場合、消費税は非課税です。売主が法人の場合は消費税がかかっています。

売主様に関しましては、売買が成立するまでかかる費用はありません。

これからご自宅の売却をご検討の方や購入を検討されている方で費用がいくらかかるのか不安など、ご不明点やご相談はいつでもお気軽にお問合せ下さい☆

ご連絡お待ちしております(@^^)/~~~Happy♥

タイトルとURLをコピーしました