札幌のマンション価格が上昇中!!

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

様々な物が値上がりしているニュースが多いですね( ;∀;)今年に入ってからの値上がり、そして制度の改正など今後オススメの節約方法や制度の改正についてもお知らせしていこうかなと考えています。

生活に関わる商品の値上がりだけではなく、マンションの価格も上昇しています!!

札幌市や周辺の新築マンション市場が活況となっており販売価格が上がり続けています。

現在札幌市で建設中の新築マンション「ONE札幌ステーションタワー」は先日第1期の販売がはじまりすでに9割のお部屋が売れたそうです。札幌駅と地下通路で直結し販売価格は5,160万円~最高額は5億円!!今後、札幌駅直結という物件はなかなか出てこない希少価値が高く評価されているそうです。

ダイワハウスの分譲マンション
東京・名古屋・大阪などのマンションをはじめ、ダイワハウスの分譲マンション情報を掲載

新築マンションは2011年には2,800万円ほどだった平均価格は10年で4,000万円を超えています。

新築マンションの値上がりは中古マンションの価格にも影響があります。

 

新築マンションは価格が値上がりしていますが、広さはどんどん狭くなっています。

そのため、高くて狭い新築マンションの購入を避けて中古物件にも人気がでてきています。

中古マンションの販売平均価格は2011年が1,125万円だったのに対し2021年は2,018万円と上昇しており、分譲時よりも高く売れているマンションもあります。

札幌市内のマンションの価格上昇がいつまで続くかは正直わかりませんが、北海道新幹線の札幌延伸や最近話題になっている2030年度の冬季オリンピック札幌招致など、経済的な将来性があることを考えるとこの先約10年程は価格の高騰が続くかもしれませんね。

以前のブログでもお伝えしていましたが、中心部の価格があがると周辺部の価格にも影響し価格が上昇することにつながります。

当面の間は上昇傾向となるのではないでしょうか。

売却を検討している方にとっては、購入時よりも高く売却できる可能性を秘めていますが、購入する方は将来売却するときに資産価値が下がりにくいエリアを購入しておく必要がありそうです。中心部は資産価値が下がりにくい傾向がありますが、札幌市内各所で再開発が行われていますよね。大規模再開発が進む東区の苗穂駅周辺や豊平区も現在は注目されています。

現在、新築マンションを購入している年齢層は50歳代の道内在住の方が多くなっております。冬期間の除雪はマンションに住めば管理人さんが行ってくれることもあり、冬の生活が楽になる事も影響しているそうです。

今後も新築分譲マンションの価格に注目です!!(m^^)/~~~Happy♥

タイトルとURLをコピーしました