部屋を広く見せる工夫

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

掃除中に亀裂の入った爪をさらにぶつけてしまい爪が数ミリ剥がれてブルーな気持ちです笑

ジェルネイルも1本お休みすることになりました~ネイルをしてる方はお気をつけください!!

ブルーな気持ちでネイルサロンに行ったところ、ネイリストさんが一人暮らしを検討していて広さや間取に悩まれていたんですが、狭くても広く見せるコツがありますのでご紹介していきますね~♪

部屋を広く見せるためには、家具の高さや色をそろえることで広くスッキリ見せることができます。

家具は低めで統一し、色は白や薄めの色にするとコンパクトな間取でも広く感じることができます。

ご自身のパーソナルカラーで選ぶと、ご自身の美しさを引き立てる効果もあるんですよ(^^♪

始めて一人暮らしをする方は家具やインテリアに悩まれるかたも多くいらっしゃると思いますが、オススメはモノトーンを基調としたシンプルなデザインの物です。

モノトーンのインテリアや家具は手に入りやすくどんな色とも相性が良い為、一人暮らしが初めての方にも取り入れやすいと思います。

ついつい自分のお好きな色や柄を取り入れたくなるのですが、統一感を出すことでスッキリした印象から室内の広さを感じさせることができます。

 

また、キッチン用品なども毎日自炊する方・外食が多い方でも用意するアイテムや数が変わってきます。

あまりにも多く用意してしまうと収納場所に困り、キッチンに出しっぱなしとなると、その分狭さを感じる原因になることがありますので気をつけましょう!

必要最低限のセットになったものを購入しておくのもオススメです。

DIYが得意な方は、家具やインテリアを100均でそろえて作ってしまう方もいらっしゃいます。

1Rや1Kのお部屋は物の置き場や生活の動線を確保するためにもDIYで部屋を使いやすくアレンジしてしまうのも良いかもしれません。

私の家は収納がないのでタンスは必須なのですが、クローゼットの他にベッド下が収納スペースになりますよ!

ベッドの下が収納になったものもありますが、ベッドの下用の収納ケースも販売されています☆

見せる収納という方法もありますが、目の届く場所に色々なものを出しておくと狭く感じるため、物はできるだけ置かないことを意識し、低い家具にすることで印象がとっても変わってきます!!

どうしても好きな色をいれたい場合はカーテンやソファーを同系色にしたり、クッションカバーに差し色を使うのも素敵ですよ♪

部屋の印象を左右するアイテムの1つカーテン!カーテンは住む人の心理にも影響が及ぶと言われています。

ブルー系は人の心を落ち着かせる効果があり、オレンジ系は気持ちを明るくさせる効果があります。

部屋の色によって印象が変わるだけではなく、見る人の気持ちもかわることがあります。

インテリアのカラーにこだわって自分らしい空間でリラックスした時間を過ごしましょう~!

初めての1人暮らしはドキドキ・ワクワクしちゃいますね(*^^*)

気分の上がるものを取り入れつつ暮らしやすいお部屋作りをして一人暮らしを満喫しましょう!!

 

タイトルとURLをコピーしました