再開発で変わっていく大通エリア

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!

先日また、営業終了の情報がニュースでやっていました!

今回は大通にあるイケウチゾーンが営業を終了する情報です。4プラが閉店したばかりなのでますます寂しく感じますね。

イケウチゾーンの賃貸契約が終了するため5月29日で営業が終了となります。現在は向かえ側に今年の秋にオープンする予定のイケウチゲートが建替工事中でこちらの営業に専念することになるそうです。

 

新しいイケウチゲートは地上8階建地下1階のビルになり、旧イケウチゲートとほぼ同じくらいの規模となります。

2022年秋ごろにオープン予定となっています。

設計は日本を代表する有名な建築家の設計です。外観もすでに発表されていますのでご存じの方も多いかもしれませんが札幌市内で見かけないような素敵なデザインで、植物が力強く成長する様子がコンセプトとなっています。

お隣にあった北陸銀行も建物の老朽化で建替えとなり2024年に完成予定です。

 

内部は十分な階高を確保しつつ柱を減らし、フレキシビリティのあるスペースを実現。

階ごとに特徴の異なる空間が作られ建物そのものの芸術性・テクノロジー・イノベーションが融合した全く新しい形のビルとなります。

内部のイメージCGも公開されていました。

テナント情報についてはまだわかりませんが、「ファッション」「飲食」「オフィス」「コワーキングスペース」が入居することになっています。

4丁目プラザも閉館からしばらくそのままの状態でしたが、工事用のフェンスが建物を取り囲み始めていました。いよいよ解体工事が始まります。

今後は札幌駅周辺での再開発も進んでいくため、ショッピング施設での営業終了というニュースなどを目にすることもおおくなりますね。

再開発でどのように変わっていくか楽しみですが寂しさもあります。

大通公園の南北に通る市道の一部を廃止して公園をつなげる計画も検討されているなど、計画が実施されれば札幌の街中のいたるところの景色が変わっていくこととなります。

イケウチゾーンでは3月25日からセールが始まっています!

再開発や札幌市内の気になる情報は今後もお伝えしていきます!(m^^)/~~~Happy♥

 

 

タイトルとURLをコピーしました