効率的な内見方法

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!

物件を購入・借りようと思った時にはインターネットで物件を探されていると思いますが、複数の物件を見学したい場合どのように依頼していますか?

先日、道外のお客様から札幌市内のとある物件のお問合せをいただきました。GWの連休で色々な物件を見てお引越しされるご予定の方です。

エリアのご希望はあるもののまだ決め切れていないご様子だったこともあり、まとめて複数見てみませんか?とご提案させていただきました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、売買・賃貸にかかわらず、他社で掲載している物件でもご案内が可能です!

不動産の売買では売主・買主がいます。その間に仲介として不動産会社がいるのですが、売主・買主の両方を同じ不動産会社が必ず仲介をするわけではありません。

売主に売却を依頼された不動産会社は広告などで販促活動をし、問い合わせをいただいた個人のお客様(買主)が購入をして頂くこととなった場合は売主・買主ともに同じ不動産会社が仲介をすることとなりますが、他社がお客様に物件をご紹介し購入となる場合も多くあります。

売却中の物件は原則「レインズ」という不動産業者専門のサイトで情報が共有されます。

売主の特別な意向がない限りは原則的に全ての物件が期限内にレインズに登録されます。顧客から物件探しの相談などを頂いた場合、レインズの情報を見て他社が物件の内覧予約をいれることができます。弊社が専任・専属の物件だったとしても他社の客付けが可能です。

物件ごとに時間を指定して各不動産会社へ依頼をし、内見をすることももちろんできます。

ですが、複数を内覧するための移動やスケジュールの管理が大変に感じるケースも多く、物件探し自体が大変というかたもいらっしゃいます。

オススメなのは、お気に入りの営業担当者を見つけておくことです!

希望条件を不動産会社の担当者に伝えておくと、担当者は希望条件に合う物件情報を集めます。その中から内見してみたい物件を選んで担当者に伝えておくだけで、担当者が当日の案内の順番や内見準備まで効率よく手配をします。

情報が増えすぎると管理が大変なだけではなく、どうしたらよいのか・どこが良いのかがわからなくなってしまったり、1つの物件の内見で時間をとられてしまう場合もあります。

1つの不動産会社の担当者にお願いをしておくと、内見時間の管理やスケジュールも余裕をもって準備をしますので見るはずだった物件が見れなかったり、物件の良さがわからなかったということがありません。

担当者が選んだ物件で思ってもみない良い物件に巡り合えた!なんてこともあるかもしれません。効率よく内見して素敵なお家を見つけましょう(m^^)/~~~Happy♥

タイトルとURLをコピーしました