建築条件付の土地

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!

住宅を建てるための土地を探していると、「建築条件付」という土地を見ることがよくあります。

建築条件付は、建築会社が決められている土地のことをいいます。

ハウスメーカーや建築会社が土地を販売している場合には建築条件付の場合が多いです。

建築条件付の土地を購入した場合、土地の売買契約と建築請負契約の2つの契約を結ぶことになります。

普通に土地購入する場合に比べると販売価格が安い場合もあります。また、注文住宅の場合は設計事務所や建築会社を自分で探して契約する必要があります。住宅の購入では住宅ローンの借入先や団信保険・火災保険などの選択もしなければいけないため手間がかかります。建築条件付であれば設計事務所や建築会社が決まっているため土地の購入から建物完成までの期間を短縮できます。

建売住宅と比べると間取や外装・内装の変更ができる自由度も高いです。

 

建築条件付の土地を選ぶ場合は、同時に建築会社も選ぶこととなります。建築の実績やイメージ完成図などで希望通りの建物になるかどうかは必ず確認しましょう!

売買契約が終わった後、建築請負契約を成立させなければならないため人によっては検討期間が短いと感じる場合があります。

自由度は高いほうですが、注文住宅と比較するとある程度のパターンが決められていることもあり注文住宅程の自由度は期待できないことがあります。

間取や設備、追加料金の有無などどこまで自由に選ぶことが可能なのかなど事前に確認することが大切です。

建築条件付の土地が自分の希望に合っているのか確認するときには

・ハウスメーカーや建築会社は指定されたところで良いか

・建築プランに好みの仕様があるか

・費用に見合う住宅になるか

・検討期間

・追加費用と追加する場合の資金

建築プランが自由設計となっていてもモデルプランから自由に選択できる限定的な場合もあります。各業者さんによって対応はさまざまですので必ず詳細を確認して申込をすることが大切です。

初めて土地や建物の契約は、契約書や重要事項説明書の内容や説明は聞きなれない言葉が多くでてきます。

わからないことは担当者に質問をするなど内容をよく確認する事が必要です(m^^)/~~~Happy♥

 

タイトルとURLをコピーしました