24時間換気システムの役割。正しく使用して綺麗な空気の室内で生活を!

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

物件の内覧や資料で「24時間換気システム」と見かけたことはありませんか?どんな機能があるのかご存知でしょうか。

24時間換気システムは2003年7月以降に着工した建物には必ず設置することが義務付けられています。住宅の種類に関係なく建築基準法によってすべての住宅に設置が義務付けられています。設置が義務付けられた理由は「シックハウス症候群」です。

シックハウス症候群は建材や家具などに含まれるホルムアルデヒドや化学物質・結露によるカビなどが原因でいこる様々な体調不良のことをいいます。一般的な症状としては目がチカチカしたり、鼻水が止まらない・頭痛がするなどです。

24時間換気システムは窓を開けて換気をしなくても外気を室内にいれて室内の空気を外に排出する設備です。国土交通省の資料では1時間で部屋全体の空気の半分が入れ替わっていることとされています!最近の物件では気密性の高い建物が増えたため住宅の中に有害物質を含んだ空気がこもってしまいます。そのために義務付けられた設備です。

24時間換気システムがついていると電気代が気になりますよね。ですが、勝手に止めてしまうのはダメです!もし止めるとシックハウス症候を発症する可能性が高くなるだけではなく、湿気による結露でカビが発生することが考えられます。電気代は月々100円程度と言われています。100円を節約して体調不良になってしまうと病院代の方が高くつきます。

また、すでに24時間換気システムが設置されているお客様の中には「音が気になる」とお話される方がいらっしゃいます。24時間換気システムの換気扇の大きさは直径20㎝ほどです。サイズが小さいためキッチンのレンジフードのように音が気になる事はほとんどありません。

考えられる理由としては、フィルターや吸気口にホコリや汚れがたまりモーターに負荷がかかっている場合があります。

フィルターや吸気口は定期的なお手入れが必要です。新築で買った時には説明がないこともよくあります。取扱説明書などを見てお手入れ方法を確認しましょう!

綺麗な空気の中で生活を続けるためには24時間換気システムのお手入れが必要です。

フィルターは交換するタイプと掃除をして使い続けるタイプがありますので、ご自宅がどちらのフィルターなのか確認をしてください。交換型のフィルターは通信販売で購入する事ができるものもあります。

吸気口の掃除はメーカー問わずほとんどのものでお手入れ方法が一緒です。

吸気口のカバーをはずす→フィルターを外して汚れを落として流水で洗う→乾かす→元に戻す

室内の空気を外に出す排気口のお手入れも吸気口と同じ方法ですが、排気口は天井近くに設置されていますので、取り外しや設置の際は注意が必要です!無理してケガをすることのないように気を付けてくださいね!

ホコリや汚れがついたままの状態は電気代が増える要因にもなります。数カ月に1度チェックをして綺麗な状態を保っておくと安心です(m^^)/~~~Happy♥

タイトルとURLをコピーしました