夢のマイホーム購入で夫婦喧嘩?!仲良く物件を購入するコツ

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

物件を色々内見していると、夫婦で意見が食い違う事が多くあります。

中にはケンカに発展したり、どちらかが不機嫌になって内覧どころではなくなったすることも珍しくありません。

お互いの意見が割れてるうちは購入にもいたりませんよね(;^_^A

今日は不動産をできる限り仲良く購入するコツをお伝えしていきます!!せっかく購入するのですから喧嘩せず楽しく内見していただきたい!!

私が以前聞いた話からご紹介します!これが夫婦円満の秘訣だ!と言っていた営業担当のお話です笑

「奥様の方が長く家にいる時間が多い。だから、奥様の意見が優先。男は奥様が喜んでいる姿を見ると仕事もさらに頑張れる。予算より少しくらい高くても仕事のモチベーションに変わる。だから奥様の意見を優先させてあげてください。それが夫婦円満にもつながります」

どうでしょうか(/o\)

これは実際ご案内の際にお客様にお話ししているのを横で聞いていました。

確かに女性の方が育児や家事で家にいる時間が長かったり、お休みが多いご家庭もあると思います。家にいる時間の長い方の意見を優先するのも一つの意見として良いかもしれません。

次に予算。これはあらかじめお互いの意見を一致させておく必要があります。物件はそのままの金額で絶対に購入しなければいけないわけではありません。ある程度の値引き交渉ができることがほとんどです。ですが、人気が集中し後から内覧したお客様が、値引きせずに満額で購入するとなった場合、売主様には満額での申し込みがあったことを不動産業者ではお伝えしなければいけません。

最初に申込を頂いたお客様を優先するのか。満額で買ってくれるお客様に買っていただくのかは売主様に決定権があります。最初に申込をして値引きの承諾をいただいても満額じゃなければ買えないという時には相談をして頂く必要があります。万が一値引きができなくなったらどうするかも相談しておくのが良いです。

戸建にするかマンションにするか。これはご家族のライフプランによっても変わります。

良さそうな物件を内覧してイメージを膨らませてみる。注文住宅の場合は部屋数や希望で予算内に収まるのかを確認することも大切です。

お子さんの人数や将来部屋を増やす・減らすなど、未来もイメージしながら夫婦で意見をすり合わせしていくことが大事になってきます。

 

最後に、どうしても意見がぶつかり購入に至らない場合は、不動産業者の意見を参考にしてみてください。

親身に相談に乗ってくれる担当者であれば、ご夫婦の意見をお聞きしお二人にとって一番良い方法を提案します。

不動産業者はたくさんのお客様とお会いしています。様々なケースを見てきていますので、考えていなかった良い提案があるかもしれません。

夫婦で意見がわかれてしまい購入ができない方は珍しくありません。お子様の学区やご両親の近くに住みたい、予算やエリア、戸建かマンションか、新築か中古か。お二人を悩ませる要素はたくさんあります。

気に入った物件の購入を検討したときには、将来のお住まいが自分たちの想像している住まいになるのか想像しておくことが大切です。

色々なことを考えると、どうしてよいかわからなくなる場合もあります(;^_^A

これから購入を検討されている方・すでに内覧をしていて迷われている方は是非ご相談ください。

中立的な立場でアドバイスできますので参考にしていただければ嬉しいです。素敵な物件を一緒に選んでいきましょう(x^^)/~~~Happy♥

 

 

タイトルとURLをコピーしました