愛煙家は要注意!ヤニ汚れによる原状回復で困らないために。

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

最近は喫煙ができる場所が少なくなりましたね。この機会に禁煙を!と決意した方もいるのではないでしょうか。

ご自宅でタバコを吸う方もいますが、賃貸物件の場合は注意が必要です。

賃貸物件では退去時に必ず「原状回復」が必要になります。

タバコを室内で吸うとヤニなどによる黄ばみや汚れがクロスについてしまい、クロスの交換費用がかかる可能性があります。

タバコによる汚れは経年劣化や減価償却による貸主負担となりませんので、タバコを吸われる方は汚れがつかないように工夫する必要があります。

クロスを全室交換となると高額な費用となってしまいますので気を付けてください。

退去の時は管理会社立会で室内の点検をします。

管理会社の方たちは今までに数多くの物件の立会を経験していますので、誤魔化すことはできません。

タバコを吸っていない担当者であればなおさらです。ニオイだけでタバコを吸っていたことに気が付きます。

タバコを吸っていたかどうかの判断基準は、汚れやニオイです。

・クロスが目で見て判断できるほど変色している

・クロスの角が変色している

・タバコのニオイ

部屋全体でみるとわからなくても細かくみるとわかってしまいます。

賃貸物件によってはタバコによる特約で、室内での喫煙が禁止。室内で喫煙した場合は全室クロスの貼替を全額借主負担と明記されているところもあります。

クロスを全室貼替することになると高額な費用がかかります。

どうしても吸いたい方は空気清浄機を活用する、こまめに掃除をするようにするなどしかありません。

空気清浄機もすべてを吸って綺麗にしてくれるわけではなく、掃除も水拭きだけでは汚れもニオイも落とせません。

クロスの表面についたヤニ汚れはアルカリ性の洗剤をつかって掃除をすると綺麗にすることができますが、原状回復費用がかかるかもしれないと思っておくのがよいかもしれません。

最近では電子タバコや加熱式タバコも良くみるようになりましたが、こちらもニオイや汚れがつかないとは言い切れないとされていますので気を付けてくださいね!

他にもバルコニーやお庭でタバコを吸っている方もいるかもしれませんが、風の向きや煙のいく方向によっては苦情が出る場合があります。

マンションによってはバルコニーでも喫煙が禁止となっているところも多く見られますので気をつけましょう。

実は私も以前はタバコを吸っていました(^_^;)

受動喫煙防止法ができる少し前に電子タバコに変えましたが、なんだか肩身が狭い思いをすることが増えました。

電子タバコだからいいよね?とは言えない時代になっていますね。

それよりも怖いのが原状回復費用です。万が一室内を汚した時の金額は思った以上に高額になる可能性があります。

タバコの汚れを解消できる家電やグッズはありませんので、できるだけ室内でタバコを吸わないように気を付けてくださいね(@^^)/~~~Happy♥ 謎スタッフXより

 

 

タイトルとURLをコピーしました