ベランダで羽休め?!夏まで注意「カラスを来させない」対策

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

お家のベランダに鳥がよくきて困っている方はいませんか?

都心ではハトの害と並んで多いと言われているのが「カラス」による被害です。

実家でも引越ししてまもないころ、よくカラスがベランダに遊びにきていたようで困っていました(^_^;)

カラスが頻繁にきているとこれからの時期、巣をつくったりすることもあるので注意しましょう。

カラスは3月~7月にかけてベランダに来やすいと言われています。

暖かくなってくると巣作りの材料を探したり、ヒナの餌探し・餌を隠す場所を探しているそうです。

ベランダに置かれた植物を持って行ってしまうこともあるので、家庭菜園やお花を育てているかたは注意してくださいね。

7月にはヒナの巣立ち時期ですので、鳴き声で威嚇したり急に降下してきて人の頭をつついたりするなど、毎年ニュースでも注意喚起されています。

もし近くにカラスが来ても変に追い払おうとせずに、まずはカラスが来るような物を置かないこと。何もおいていないのに来ている場合は、撃退グッズなどを利用して来ないようにすることが大切です。

洗濯物を外に干す事が札幌でも増えてきましたが、ハンガーや洗濯ネット・洗濯ばさみなどはベランダに置きっぱなしにしているとカラスが持って行ってしまうことがあります。

一度あることを知ると何度も来る場合があるので、その都度片付ける習慣をつける方が良いです。

ベランダにゴミをそのまま置くのもNG。万が一カラスが散らかしてしまうと近隣にも迷惑がかかってしまいます。

ゴミの収集日までどうしても室外に置いておきたい場合は、ストッカーなどを利用してカラスに認識されないようにしてください。

カラスの目は人よりも多くの色を認識できると言われています。

虹は人の目では7色ですが、カラスの目では14色ほどの色の違いがわかるそうです。

先ほども記載した植物もカラスが活発に活動する時期にはネットで囲うなどをするのがオススメです。

通信販売でも様々な対策グッズが販売されています。

ご自分で設置できそうなものを購入して対策するのが良いです。

実家では、トゲトゲのマットのようなものをとまるところに取付たところ、カラスが来なくなったと言っていました!

他にも100円ショップで売っているような園芸用の風車も良いのだとか。

鳥はダニやシラミなどの寄生虫やウイルスを運んでくると言われています。

布団や衣服を干している時にカラスなど鳥が来ていると、ちょっと心配ですよね。

カラスは鳥獣保護管理で保護される対象にもなっていますので、可哀想な方法で追い払ったりすることのないように気を付けてください。

自分で対処できない場合には専門の業者さんもいますので相談しましょう(@^^)/~~~Happy♥ 謎スタッフXより

 

タイトルとURLをコピーしました