賃貸中の物件は売れる?価格は?

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは(^^)/

賃借人がいる状態でも売れるの?お問い合わせをいただくことがあります。どのように売却していくのか・売却価格はどう考えるのかをお伝えします。

賃借人がいる状態で売れるかどうかの答えは

「売れます!」

ただし、賃借人がいない空室の状態よりは価格が下がる傾向があります。

通常の売却とは違い、年間家賃収入から利回り計算をして売却価格を設定するため、思っていたより設定価格が低い。ということも多くあります。

高く売りたいということであれば、空室の状態で売る方が高く売却できますので、売却をお急ぎでないのであれば賃借人が退去してから売るのが良いと思います。

オーナーチェンジ物件(賃貸人のいる物件)は投資目的や将来賃借人が退去した後に自分たちで住もうと考えるかたの購入が多いです。

売却価格を高く設定し、利回りが低い状態で売出を始めても購入検討者が現れないかもしれません。

価格の設定はとっても大切です。

利回りは各地区によって様々です。標準的なビルの利回りは札幌駅前通りでは平均4.9%、東京は3.3%~3.9%となっていました。

(※一般財団法人日本不動産研究所 2021年10月現在の資料参照)

売却する時の利回りは年間収入の他に、現在販売されている近隣のエリア相場も見てどのくらいで買い手がつくかを考えますので平均以上になることも多くあります。

賃貸中の物件がいくらで売れそうか気になる方は弊社にお問合せ下さい(^^♪

複数の不動産会社に査定を出してほしい方は、査定一括サイトをご利用すると良いです。

札幌市内のオーナーチェンジ物件は区分所有・戸建・ビルなど首都圏よりも利回りが高いため、道外の方がオーナーとなる場合も多くあります。

また、利回りが低いからと言って売れないわけではありません。

札幌ですと、これから新幹線が来ますので駅に近いビルやマンション、再開発などでこれから価値が今よりも上がると考えられる物件や人気のエリア・駅から近い・周辺施設へのアクセスなど立地が優れている物件も魅力的なため利回りが低くても買主が見つかりやすい傾向があります。

利回りが高くても、入居率が低い物件や立地によっては利回りの高さで物件の詳細を見ることはあっても検討段階までいかないかもしれません。利回りが低くても今後資産価値が高くなることが予想できる物件のほうが魅力があると考えられます。

オーナーチェンジ物件は売れるまでに時間がかかる場合もありますが、決して売れないわけではありません。

立地や入居率、家賃収入、今後のエリアの状況などによって値段設定を適切にすることが大切です。

売却をご検討のかたはいつでもお問合せ下さい!ご連絡お待ちしております(@^^)/~~~Happy♥ 謎スタッフXより

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました