狭い部屋に住む意外なメリット

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

謎スタッフXのお部屋は、2DK+S 約54㎡です。どうですか?狭そうと思いますか?

2人で住むには十分な広さで、3人でも不便はないです。

1つ贅沢を言うと対面キッチンだったらいいのにな~なんて思いますが生活するには全く問題がありません。

広い部屋に住みのびのびと過ごす事ができることに憧れはありますが、狭い部屋ならではの良いところもあります。

細かい間取はリビングダイニング約8帖・洋室約6帖・洋室約5帖・納戸約4帖

浴室やトイレ・洗面はマンションの一般的な広さです。

以前は2LDKの賃貸マンションに住んでいましたが、リビング・ダイニングで約14帖・キッチン約3帖、サンルーム付、洋室と和室が今よりも広いお部屋でした。

以前の方が広い室内でしたが、何が大変かと言うと「掃除をするスペースが多い」こと。

このわずかな違いなんですが掃除にかかる時間が今と全く違います。

全てのお部屋が敷き詰めのカーペットだったこともあるかもしれませんが、細かく掃除をするスペースがあったため時間がかかっていました。

現在はリビングと洋室すべてが隣同士なので、子どもが出掛ける時や友達と部屋で遊ぶときなど、目の届く範囲なことも良いと感じます。

勉強時間が増える時期や年頃になった時には、リビングと隣合わない方がよいこともあるかもしれません。

子どもが小さいうちはリビングから目の届く範囲にいる方が安心できますよね。

狭い部屋なら、さらに目が届きやすくお互いに安心して生活することができます。

最後に、余計な物をためこまなくなったこと。

頂き物や思い出の物・これから使うかもしれないからと物を取っておくことが多かったのですが、狭いスペースに物が多いと室内がゴチャゴチャしてしまいます。

以前にもお伝えしたことがありますが、私の部屋にはクローゼットが1つもありません。

その代わりに納戸がありますが、そこに全ての物を保管することもできず、引越ししてきたときには断捨離をかなりしました。

それでも生活していると物が増えます。

そのため、必要最低限の物以外は購入しなくなりました。

購入する時には使わなくなったものを処分したり寄付したりと工夫しながら生活しています。

「ミニマリスト」を目指しています笑

物を増やさないことを意識すると、少しでも物が増えると気になるようになり物が増えなくなってきました。

スッキリとした室内で生活することができます。

お部屋を選ぶときに狭い部屋と感じると、なんとなくマイナスなイメージがあります。

特に現在の新築マンションは中古マンションに比べると狭い部屋が多いと感じます。

ですが、狭いことが暮らしにくいとは限りません。

生活の仕方・物の配置や量で広い部屋よりも快適に安心して暮らせることもありますよ(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフX

タイトルとURLをコピーしました