賃貸契約に顔写真の提出をする理由

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!

賃貸の契約をしたときに入居者全員分の顔写真の提出があったというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

オーナーや管理会社によっては提出が不要な場合もありますが、ほとんどの物件で顔写真の提出が必要になっています。

過去に「写真は嫌いだから代表者だけにしてほしい」と言う方もいらっしゃいましたが、必要書類となっているので提出ができなければ契約をすることができません。

賃貸の契約では本人の確認のためや、どんな方が入居するのかをオーナーが把握するために顔写真を提出することがほとんどです。

運転免許証の写真と顔写真が一緒かどうかの確認が一番の提出理由となっています。

オーナーがマンション内にいない場合も多いので、入居してから退去まで1度もお会いせずに契約・解約が完了していることも多いです。

トラブルが起こった場合に顔を知らずに対応するのも、鍵をお渡しするのも不安ですよね。

入居者はオーナーの顔を知ることは出来ないのですが、貸す側からすると安心という意味合いもあります。

顔写真は証明写真のほかに、携帯電話で撮影した画像をコンビニなどで現像することもできます。

ご自身が一番用意しやすい方法で準備をしましょう!

不動産会社によっては、画像をメールで添付してください。と言われることもありますので、どのように提出するのが良いか相談してもよいかもしれません♪

顔写真を提出するのが、なんとなく抵抗があるということもあるかもしれません。

ですが、契約に必要な書類のため拒否してしまうと契約自体できないということにもなりかねません。

場合によっては、写真を提出しないことに不信感をもたれてしまうこともあります。

お互い気持ちよく契約ができるように進めていきましょう(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました