中古と新築、どっち?

この記事は約3分で読めます。

㈱しあわせ企画の廣田です。

今日はまた不動産情報のブログです。

みなさんもご自宅購入となると.

お悩みになることになるかもしれませんが、
新築一戸建てと中古一戸建てでは
一体どちらがお得だと思いますか?
日本の方はまずは新築でお考えになるケースも
多いと思うのですが、「買いやすさ」や
「お得感」は断然中古住宅の方が
上なんですよ!
その理由はまずは価格ですね。
建物というのはなにせ新品の時は一番高いです。
そこから建物はものすごい勢いで減価償却
してきますから価格もどんどん落ちていきますし、
人口減少の土地では
土地の価格も下落傾向にありますから、
更に物件の価値は落ちてしまいますね。
また、新築物件の場合は販売価格を下げるために、
または、人気のエリアでの住宅建設可能な
土地不足問題もあり、
土地面積や建物面積も
小さく抑えられるケースが多く、
最近の新築は札幌でも小さい事が多いです。
ところが、中古物件では土地も建物も
広い物件が多く、 場所もいいところが
おさえられていたりします。
しかも、 建物評価額も落ち切ってて、
無料状態の物件も多く、
そしてその土地が実際の評価額より
安く買える場合なども、いろんなケースが
ありますし、損する可能性は低く、
投資という観点でも悪くないのですよ。
一方、 新築物件は、実物を見て買えるケースが
少なく、モデルルームやイメージ画などで
購入しなければならないケースも多く、
実際のイメージがつかみきれなかったりします。
そしていざ買ったら欠陥商品、
シックハウス症候群なんて
悲惨な場合もあります。
ところが、中古物件は、既に実物が
存在しているわけで、自分の目でいろいろ
確認もできますし、
最近はホームインスペクションと言って
5万円くらいで専門家に住宅の配管や
作りの劣化具合や
問題などを事前にチェックしてもらえますので
気を付けて検査をすれば、
買ったはいいけどめっちゃ
欠陥住宅だったということには
ならないでしょう。
新築物件の気持ちの良いところは、
新しい設備や内装とも言えますが、
中古物件リフォームでも、まるで新築の
ような最新の設備はいくらでも
入れられます。
などいう理由で、私個人は断然
中古物件派なんですよ。
できるだけボロボロのところを安ーく買って
好きなように直して、
しばらくは状況が変わるまでそこに住んで、
不要になったら、売却してもよし!
貸してもよし! 更地にして売ってもよし!
広めの土地ならマンションやアパートを
立てることもできますし、欲しがってる
住宅メーカーさんや
投資家さん達も
多いです。
中古物件は本当にいろいろ楽しいですよ。
いろいろ出口戦略も考えながら
購入するといいですよね。
これまでは新築物件にしか興味がなかった方も
ぜひ中古物件にも注目してみてくださいね。
お宝は実はあなたのすぐそばにあるのかも。
あなたにとっての
魅力あふれる素敵な中古物件を一緒に
見つけてみませんか?
ぜひご一報くださいね。
タイトルとURLをコピーしました