売却時の引越のタイミング?スムーズな転居の方法!

この記事は約3分で読めます。

こんにちは!三連休楽しんでいますでしょうか(^^♪

私は初日に美容室に行き、2日目は自宅で映画、そして今日はブログを書きつつバレンタインデーの準備をしようか迷っています!!

2月に入り、賃貸・分譲それぞれ動きが出てきたように感じています。

オミクロン株がまだまだ増え続けている道内ですが、転勤や新生活などで不動産業もいよいよ繁忙期に入った!!という感覚がでてきました。

今日はご自宅を売却した際のお引越のタイミングについてお話したいと思います(^^)

よく聞かれるのが、「売却したいけどまだ住み替え先がきまっていない。」「いつ引き渡したらいいんだろう」「引っ越し代どのくらいかかるか不安・・・」などです。

結論から言いますと、引越し先は売れてからで大丈夫です!!

もちろん売却前にお引越ししてもいいのですが、ローンが残っている場合、さらにローンを組むと2重で支払うこととなり負担が大きくなります。もしくは、現在の残代金を完済しないと新たな住宅ローンが組めない場合もあります。

住み替え先を「購入」する場合は、販売をしながら良さそうな物件を内覧。

銀行へ住宅ローンの残高を聞いておく。ローンがどのくらい組めるかの事前準備は必要になります。

購入をする場合、新築や空室の住宅の場合は引渡しの時期にあわせることができますが、居住中の場合ご自宅の引渡しと合わせることができない場合もでてきます。

そうなった場合でも引渡し猶予の特約というものがありますのでご安心ください。

 

賃貸住宅にお引越しされる方も流れは一緒です。

良さそうな物件の目星をつけておくだけでOK!!自分がどのような物件に住みたいかを考えておいてくださいね♪

購入の申込を頂いてから探すくらいの余裕があっていいです。

住み替え先が購入する物件でも賃貸物件でも、買主様には申込の意思をいただく前に、引渡しの時期をお話しし、了承をいただきますので引渡しまでに物件のお引越しの準備を進めることとなります。

引渡しの目安としては売買契約から2~3か月後が多いです☺

内覧のお問合せの際に居住中で売れてからお引越します。と、お話し内覧して頂くことが大半で、急いでいるから困る!と言われる方に会ったことはいままでありません💦

購入する場合は事前の準備や引渡し猶予が必要になるのか確認しておく必要がありますが、その部分についても不動産会社がスケジュールをご提案してスムーズに引渡し・転居ができるようにいたします。

引越しの時期によっては引越し代が通常の倍の値段になったり、予約が取れない…なんてこともあります。

特に2月頃からはびっくりする値段になります。

(私は超繁忙期に無理矢理引越しし目が飛び出ました笑)

引越の見積も数社取ることをオススメします。もしくは不動産会社ではそれぞれ提携している引越業者さんもありますのでまとめて相談するのもいいですよ♪

ちなみに私のオススメもありますので、どこにするか迷われている方はぜひご相談ください。

引越だけのご相談でも不用品も一緒になんとかしたいなどもお問合せください☆

細かいお話をすると、まだまだ課題が出てくる場合もありますが簡単に流れをお話しさせていただきました!

引越し先が見つかるか不安だから迷っている。本当に売れるか不安。など少しでも迷われている方はぜひご相談ください(*^▽^*) 売れない物件はありません!!

まだ売却は先だけど知っておきたいなどでも大丈夫です。お気軽にご相談ください♪

 

さて、チョコレート作りますか…

上手に作れるか心配ですが愛をこめてつくりまーす笑

1日早いですがHappy Valentine’s Ⅾay♡(*´з`)~ℳ

タイトルとURLをコピーしました