旧耐震のマンションを選ぶ時に見るポイント

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!

前回は新耐震の物件についてお伝えさせていただきましたので今日は旧耐震のマンションのメリットをお伝えしていきます(#^^#)

旧耐震と聞くと地震に弱いようなイメージがあり不安を感じるかもしれません。

旧耐震を選んだ際には、住宅ローンの審査が通りにくかったり別途書類や検査が必要になることも事実です。

そんな旧耐震ですが、立地や環境の良い物件が多く、価格が安いため見込んでいた購入費用よりも安い場合があります。物件を安く購入できれば室内を自分好みにリフォームすることもできますね。

 

旧耐震の物件を選ぶ場合には、地盤の強い土地に建てられている物件を選ぶことをオススメします。

地盤の状態は防災マップなどで確認をすることができます。

壁式構造の物件も、壁や床で建物を支える構造となっているので、地震の揺れに対して耐震強度が高いですがリノベーション工事などで間取り変更が難しいと言われています。

壁が抜けないため、間取り変更を検討している方にはあまりオススメはできません。

間取り変更をしない工事であれば壁式構造でも素敵なリノベーション工事をしてくれる業者さんもいますのでそんな方を探すのが良いです。

地盤の良さは大切ですが、施工会社が大手ゼネコンや地元のゼネコンの場合も安心材料の一つと考えています。

旧耐震マンションは物件の価格がお手頃になっていることが多くとってもお得です。

地震への不安や経年劣化は新耐震のマンションと比較するとどうしても不安を感じる方も多くいますが、立地や構造を確認しながら選ぶことができれば物件選びの選択肢が増えます。

購入する際の火災保険や地震保険は新耐震基準のマンションよりも割高となることがあるので、物件を購入する際の費用やローン、毎月の諸経費も見て検討して頂くのが良いと思います♪

現在私が住んでいるマンションも旧耐震の物件です。札幌でも地震が全く無い年はありませんよね。

ですが、弱い地震の時には揺れはほとんど感じません。地盤が良いんです!

以前住んでいたマンションは震度1~2でも「ん?」と思うくらいすぐに気づいたのですが笑

地盤が良ければ旧耐震のマンションを選択肢に入れて検討してみるのも良いかもしれません(@^^)/~~~Happy♥ 謎スタッフⅩより

タイトルとURLをコピーしました