ドアスコープの防犯対策していますか?実は危険な存在です。

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!

先日、送別会があり久しぶりにすすきのへ繰り出しました!

久しぶりすぎて次の日の仕事はとーっても眠たかったです( ノД`)笑

出だしから大幅に脱線しました!今日はドアスコープについてお伝えしていきます!!

ご存知の通り、ドアスコープは訪問された方を玄関ドアに取り付けられているレンズから確認できるものです。

現在はモニター付インターホンが普及しているので、あまり使用しない方もいるかもしれませんが、使用しなくてもドアについていることも多くあります。

そのドアスコープは外からでも覗けるのはご存知でしょうか。

知らなかった方は、帰った時に外から見てみてください。室内の様子がわかります。

間取によっては玄関しか見えなければ、あまり心配はないかもしれませんが、リビングやダイニングなど人がいるのかどうか確認できる場合はどうでしょうか。

留守宅とわかって空き巣に入られることも考えられます。

外から覗くための道具も販売されているんです。

万が一、室内の様子がわかってしまうようなことがあれば犯罪に巻き込まれてしまう可能性があるため、しっかり対策しましょう。

一番簡単な方法はドアスコープのテープなどで塞ぐことです。

その際にはしっかりと固定してください。

ドアスコープは外側から外すことも可能です。

以前100円ショップでもドアスコープカバーがあったのを見かけましたが、通信販売でもカバーを購入することができます。

室外からあけれるものを販売するなんて!と思いましたが、室内に空き巣がいないか確認することができるようにもなっているんです。

室外から室内をみるグッズも数千円で販売されています。

自分自身が犯罪に巻き込まれてしまうことはあまり想像がつきにくいですが、念のために対策しておくほうが良いです。

対策は簡単に手の届く範囲のグッズから高額なものまで様々です。

自分に出来る範囲でしっかり対策しましょう(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

 

タイトルとURLをコピーしました