バルコニー・ベランダは必要?メリット・デメリットをご紹介!

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは(^^)/

今日は映画を見に行く予定なのでワクワクしている謎スタッフXです!

急いでお部屋の掃除や洗濯をしてしまいますよ~

ところで皆さまはお洗濯ものは部屋干し派ですか?外干し派ですか?

 

物件をお探しのお客様はバルコニーを希望条件にしている方も多くいらっしゃいます。

何故必要なのかで一番聞くのが、洗濯物を外に干すため。

外干しをされる方でしたらバルコニーやベランダがないのはとても不便ですよね。

ですが、バルコニーが無い物件は、バルコニーがある物件に比べて家賃が安く設定されていることも多くあります。

部屋干しをするスペースを作ることができれば、バルコニー無の物件で月々の家賃を節約することができるかもしれません!

バルコニー無の物件は、通常の設備よりも少ないという扱いにもなり得るため家賃が1万円ほど安くなっている場合もあるんです。

エリアの相場より1万円も安ければ年間で12万円も節約できることになります。

そう考えると、室内に洗濯物を干すことが苦でなければ検討してみても良いとおもいますよ♪

まわりの環境によってはバルコニーがあっても外干しが出来ない場合もあります。

交通量が多い場所や自然環境が豊かなエリアは車の排気ガス・ホコリ・花粉などが洗濯物についてしまいます。

その場合は部屋干しになってしまいますが、部屋干しは洗濯物が汚れる心配がありません。

バルコニーが無い物件では部屋干しは必須となります。

部屋干しは生乾き臭の心配があるという方もいらっしゃいますよね。

その場合は除湿器を上手に活用すると、洗濯物を効率よく乾かすことができ生乾き臭の心配もありません。

風の方向を変えられる除湿器や、洗濯物の下に風が当たるように工夫する必要があります。

バルコニーがない物件ではお花を育てたり・ちょっとした家庭菜園などはできません。

また、バルコニーにはお部屋を広く見せる効果があります。ない物件は狭く見え閉塞感を感じる場合もあります。

デメリットは家電やインテリアの色などで軽減することができます。

工夫次第でバルコニーがなくても気にならなくなる場合もあります。

バルコニーが無い場合でも、出窓がついている物件は部屋の採光も変わり、小さなお花や植物を置くこともできます。

出窓が小さなバルコニーの役割となりますので、バルコニー無でも出窓のついている物件は要チェックですよ♪

1番のメリットは家賃が安い場合があること。

そして、バルコニーがないことで外から不審者が侵入する可能性も低くなるのもメリットの1つです。

もし、部屋干しも検討ができるのであればバルコニーにこだわる必要がなくなり、検討できる物件数も増える可能性があります。

無い物件・有る物件を見比べてみるのも良いかもしれません(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

 

タイトルとURLをコピーしました