木造アパートに住むメリット・デメリット

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!

木造のアパートに住んだことはありますか?

物件を探すときには陽当りや構造に注目をするため、北向き・木造などはデメリットばかりが注目されてしまい選択肢に入らないことが多いのですが、メリットもあるんです♪

木造住宅の1番の魅力は「家賃が安い」ことです。

RCや鉄骨造のマンションや立地と比較をしても家賃相場は安い傾向があります。

家賃が安いと、初期費用がおさえられ毎月の支払も安くなるのが嬉しいポイントです。

木造住宅は通気性もよく、室内と外の温度差がすくなくなるため室内に結露が発生しにくい傾向があります。

通気性が良いとアレルギー症状が出づらいため、アレルギーをお持ちの方は木造住宅がおすすめです。

木造の場合は梁や柱がでていないため家具のレイアウトがしやすいことが多いです。

柱がの出っ張りがない分お部屋を少し広く使えることができます。

デメリットはご存知の方が多いと思いますが、防音性が低いこと・冷暖房が効きにくいことです。

デメリットに関しては工夫で軽減することが可能です。

木造はマンションなどと比較すると生活音が響きやすかったり、外の音が聞こえてくることありますが全ての木造アパートがそうであるとはいえません。

使用されている建材や間取・環境などによってもかわります。

音の心配は内覧の際にもある程度は確認ができますので、しっかり確認をしましょう!

木造アパートに住む際には、防音シートやカーペット・防音性のあるカーテンなどを使用する事で軽減することもできます。

木造アパートですと耐震性も気になりますよね。

マンションと比べると耐震は低くなるかもしれませんが、耐震基準も整備されているため昔のアパートに比べると耐震性のあるアパートも存在します。

耐震性が心配な方は、新耐震基準のアパートを選択するのをオススメします。

木造住宅も物件探しの選択肢に含めると、選べる物件の種類も増えることがあります。

是非一度物件の内覧をして検討してみてください(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

 

タイトルとURLをコピーしました