6月19日は「父の日」です。準備はOK??

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

今週19日(日)は父の日ですよ~♪忘れていませんか~??

母の日は毎年早めに準備をしている私ですが、父の日をうっかり忘れた・・なんてことも。

なぜ父の日は「あっ!」となるのでしょうか笑

父の日発祥も母の日と同じくアメリカ発祥の祝日です。

「母をたたえる日があるなら、父をたたえる日があるべきだ」とソノラ・スマート・ドットという女性の嘆願がきっかけとなっています。

ソノラの父親は軍人で南北戦争から復員した後に男手ひとつで6人兄弟を育て上げたそうです。

お父様の偉業を称えようと1909年に牧師協会へ父親へ感謝する日も作ってほしいと嘆願し、1910年6月19日に初めて「父の日の式典」が開催されたそうです。

式典が6月となった理由は、ソノラのお父さんの誕生月だったからと言われています。

父の日の式典が一般的に浸透するまでには6年程の年月がかかったと言われています。

たくさんの人が父の日の式典を知るきっかけになったのが、1916年第29第アメリカ大統領ウッドロー・ウィルソンの演説によるものだったそうです。

父の日として正式に制定されたのは1972年。日本では1980年代にはいってから現在のように一般的な行事になったそうです。

母の日に比べると、なんとなく賑やかさがない父の日ですが由来を知ると素敵な行事だったことがわかりますよね(*´з`)

母の日に送りギフトの定番はカーネーションや紫陽花が多くありますが、父の日のギフトにも定番のお花があります。

アメリカではバラが定番になっており贈る色にも決まりがあるのですが、日本では黄色のバラが一般的になっています。

父の日ギフトに黄色いバラがつけられているのを見ているかたも多いかもしれませんね。

黄色のバラの花ことばは献身・さわやかです。

お父さんにお花を贈るというイメージが私にはあまりないのですが、お花が好きな男性でしたらアレンジメントや花鉢も喜ばれそうですよね!!

お母さんに送るギフトよりお父さんのギフトは私には難しいのですが、みなさんもうお決まりでしょうか?

毎年悩むギフト問題を去年解決しました!!

父に普段使うものを送ると、照れくさそうに喜んでいるのですがすでにネタはつきました笑

そこで、父と母がいつまでも仲良く元気にすごしてほしいという気持ちで、2人で楽しめるものを送るようにしています。

去年は暑い日が多かったのでアイスのギフト。今年は甘いものが好きな2人にクリームどら焼きの詰め合わせを選びました!

父の日まであと数日ですが、まだ間に合いますよ~♪

普段言えない感謝の気持ちをお花やプレゼントなどに変えて送ってみるのはどうでしょうか(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

タイトルとURLをコピーしました