エアコンが無い!暑い!そんな時に少しでも部屋を涼しくする方法。

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!

暑いですね~北海道といえば涼しいイメージをもたれることが多いですが最近ではエアコンがないと寝苦しかったりムシムシして辛い時も多いですよね。

我が家も去年ついにエアコンが届きました!

今年はすでに除湿や冷房で稼働させています!!

エアコンを設置されていない方も多いので、今日は少しでもお部屋を涼しくして快適に過ごす方法をお伝えします。

扇風機を持っている方は多いかと思います。

室内の空気を循環させたり、身体にあたるように室内に置かれていることが多いですが、室内の暑い空気を循環させても涼しく感じることがありません。

日中に窓をしめきっていると、室内に暑い空気が残っているので帰宅後は、室内の空気を外に出すと少しだけ涼しく感じることができます。

扇風機の風が外に出るように置いてみてください。

室内の暑い空気が外にでて新しい空気が入ると帰宅直後より室内が涼しく感じますよ♪

扇風機の前に濡れたタオルや保冷剤をおくことで、周囲の温度を下げることができます。

凍らせたペットボトルを置くのも良いかもしれませんね(*^^)

ペットボトルを置く場合は結露で床がぬれてしまいますので、タオルなどを敷いておくと良いです。

扇風機も無い!!という方には、お部屋の窓をあけてレンジフードや換気扇を回してみてください。

空気の入替ができますよ~

レンジフードなどを動かすと音がうるさい場合がありますが、空気の入替が早くできます。

窓を開けてレンジフードを動かせば、風がなく室内に風が入ってこない場合でも強制的に空気が流れていきますのでオススメです。

雨が降ったりした場合には湿度が高くなって尚更暑くかんじますよね!

湿度が10%高いと体感温度は1℃高くなるそうです。

エアコンの除湿機能をつかって湿度を下げるだけでも涼しく感じますが、エアコンが無い場合は除湿器を使用して湿度を下げることで体感が驚くほど変わります。

湿度が高い状態だと洗濯物も乾かず生乾き臭の原因となってしまいます。

エアコンは室内の温度や湿度をあっという間に変えてくれる便利な家電ですが、換気はできません。

一部のメーカーでは換気も同時にしてくれる製品がでていますが、多くのものは換気の機能がついていません。

定期的に換気をして室内の空気を綺麗な状態で、温度・湿度を保つと快適に過ごせるのではないかと思います。

札幌市内は急に暑くなりすっかり夏の装いとなりましたね!熱中症には十分注意しましょう!!

暑くてお困りの方はこちらの方法を是非試してみてください(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

タイトルとURLをコピーしました