マンションとアパートを区別する方法はある?自分にあった住まい選びを。

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!

マンションとアパートの違いは法律で決められていないのはご存知ですか?

不動産業界では物件の特徴で区別していることが多いですが不動産会社で共通しているわけではありません。

一般的な区別の方法としては、マンションがRCや鉄骨鉄筋コンクリート・鉄骨造

アパートが木造や軽量鉄骨造

このような区別ができますが、~マンションという名前のつけられているアパートもあります。

階数で区別している業者もあり3階以上の建物の場合、見た目では構造がわかりにくいこと・マンションとしたほうが入居の希望が多いこともあり「マンション」としている会社もあります。

反対に鉄骨造だったとしても階数が2階建ですとアパートとして入居募集をしている会社もあります。

この時点でかなり紛らわしいですよね(;^_^A

家賃はRCや鉄筋鉄骨造の方が高くなり、木造や軽量鉄骨造は安くなる傾向があります。

マンションではエレベーターやオートロックなどの設置もされていることが多くあるので、そこでも区別をすることができます。

最近の新しいアパートでもカードキーを採用していたり、設備が充実している物件も多く見かけるようになってきました。

設備が充実していると建築コストが安くすんでいても家賃は高くなる傾向があります。

家賃の安さを重視・世帯数が少ない物件が良い方であればアパート。

セキュリティーや構造を重視する方はマンションと考えても良いかもしれません。

立地によってはセキュリティーが充実していても怖いと感じる場合や交通量によっては音が気になる場合もありますので、実際に内覧をしてチェックをしていきましょう!

一般的な区別は、あくまでも「そう言われていることが多い」ということとなります。

物件を探すときには、ご自身がどのようなことを重視するのかをしっかり考えておくのがよいです。

最近のアパートではマンションのように設備が充実していたり、断熱性や防犯性の高いものを採用している物件もあります。

そのようなアパートは相場よりも家賃が高い傾向がありますが、マンションの家賃に比べると安く済む可能性もあります。

ご自身が何を重要視するのかを考えて物件を探すと選択肢が増えるかもしれません(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました