角部屋に住むメリット・デメリット

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

「角部屋」と聞くとどんなイメージをもつでしょうか。

私は、現在角部屋のお部屋を賃貸中です!実際に住んでいて思う事などもお伝えしていきます。

角部屋に住むメリットとしては

・片方にしか人がいない

・窓が多い

・物件によっては2面バルコニー

・通気性が良い

・陽当りが良い

・生活音が少ない

などが想像できるのではないでしょうか。

デメリットとしては

・外の音が聞こえやすい

・窓が多いため壁が少ない

・寒い

デメリットは少ないように感じますね(; ・`д・´)

角部屋を選んで住んだわけではないのですが、以前住んでいたところも今思えば角部屋でした。

現在と今で圧倒的に違うのは「外の音と人の視線」

これは物件の立地次第。

以前は2階のお部屋を借りていたのですが、道路よりも下に建物があり私の住んでいたお部屋が道路と歩道の同じ高さに位置していました。

そのため歩行者の視線に入りやすく、交通量の多い道路だったため車の音がうるさく窓をあけるとテレビの音が聞こえなくなってしまうほどでした。

現在は、立地的に静かで交通量が少ない為、とても静かです。

音は入居者の生活音だけではありません。

道路が近い場合は、内覧の際に窓をあけて確認しましょう!(以前住んだところを決めた時は、窓を閉めた状態で決めてしまったので騒音レベルがわかりませんでした。反省)

通気性・陽当りについても、他に建物があれば日陰になることもあるので角部屋が必ず陽当りも通気性も良いとは限りません。

こちらも内覧の際にしっかり確認が必要ですね♪

音や陽当り通気性は物件によって変わります。

角部屋は隣にしか他の入居者がいない分、お隣の音が気になりません。

現在は廊下を誰かが通りすぎていくこともないため、プライバシーの確保もされているところが気に入っています。

以前は角部屋でしたが、階段を挟んでいたため誰かしら玄関前を通るので足音が聞こえていました。

現在は突き当りのため安心して生活ができています。

稀に非常階段から出入りする入居者がいるのですが、最近は少なくなり音はほとんど聞こえず誰もいないのかと逆に心配になる事もあるくらい静かです。

バルコニーは1面しかありませんが、窓が1方向だけではないのが嬉しいです。

他のお部屋は1方向になるせいか廊下側の窓をあけているお部屋もあります。

角部屋にはデメリットもあり、物件によっては角部屋のメリットが少なくなっていることもありますが、嬉しいポイントが多いのが特徴です。

売買・賃貸どちらも高い金額になる可能性もあります。

購入する場合、中部屋よりは高い金額となっていることが多いですが、将来売却・賃貸を検討するときのメリットもあるので検討してみるのも良いのではないでしょうか(@^^)/~~~Happy♥

 

タイトルとURLをコピーしました