室内での熱中症に注意!

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

今年は異例の早さで梅雨明けし溶けちゃいそうなくらい暑い日がありましたね。

エアコンを設置している方も多いですが、これから設置予定の方や扇風機しかないかたは室内でも熱中症に十分注意が必要です!

消防庁の発表では、今年の熱中症の搬送は前年同時期で3倍以上になっているそうです。

外にいる時よりも室内で熱中症になる方が多く、夜間や睡眠中に熱中症をおこしている方も多いそうです。

室内にいると、のどの渇きを感じにくくなることがあるため、のどが渇いているように感じなくても水分補給を積極的にする必要があります。

発汗以外でも人は皮膚や呼吸で水分を失っています。

水分をとるとトイレの回数が増えることが心配な方もいるようですが、今の時期は特に水分をこまめにとるのが良いです。

人は寝ている間にも汗をかいています。

暑くて寝つきが悪い・何度も目が覚める場合も要注意です!

睡眠不足も熱中症になってしまうリスクが高くなると言われています。

寝る前にエアコンをとめて節電をしていることもありますが、寝ている間に熱中症となる場合もあります。

寒くならない程度に温度調整をしたり、おやすみモードなどを上手に使うのが良いかもしれません。

湿度を低くするだけでも体感は涼しくなります。私は寝る前にエアコンを除湿にするか、設定温度を高めにして寝るようにしていますよ♪

お風呂へ入る時にも熱中症に注意!

入浴をしていても水分が失われます。入浴前後には水分補給をして対策をしましょう。

水分が足りないと目まいや貧血のようになってしまうこともあります。

倒れてケガをしてしまうと大変ですので、水分補給は大切です。

お風呂場や洗面室などは湿度や熱がこもりやすいので、入浴だけではなく掃除などで長時間いるような場合は、窓を開ける・掃除の際には換気扇をつけるなどで空気の流れを作るのが良いそうです。

暑い日はゆったりした服装も涼しくすごす方法の一つです。

ワンピースや少し大きめのトップスなどが良いかもしれませんね♪

お茶やビール・コーヒーでは水分補給にはなりません。

お茶やアルコール・コーヒーなどには利尿作用があります。また、汗をかくと塩分も失われていることになるので、水だけを飲んでいても熱中症の予防にはなりません。

食塩水やイオン飲料・塩の入った飴などでしっかり対策をしましょう!!

エアコンが苦手な方もいますが、そんな時には湿度の調節や設定温度を少し高めにする・吹き出し口を調整するなどをすると気にならないこともあります。

これからも暑い日や雨がふって湿度が高くなることもあります。

体調に気を付けて元気に夏を過ごしましょう(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

タイトルとURLをコピーしました