中古マンションにはメリットがたくさん☆

この記事は約3分で読めます。

皆さまこんにちは!

物件を購入する場合は何を重視しますか??

賃貸でも新築じゃないと嫌だ!と言う方がいるように分譲でも新築が良いという方も多くいます。

中古は一度人の手に渡っていますので、未入居の新築物件だったとしても一度購入されれば中古となります。

中古マンションはメリットがたくさんあるんですよ~♪

一番に思うのが価格の安さ。

現在建設中のマンションと比べると安い価格設定となっております。

専有面積も新築の場合は狭くて高い物件が増えているのに比べ、築年数にもよりますが中古の物件は広い専有面積の物件も多くあります。

専有面積の広さを重視するのであれば中古マンションの検討がおすすめです。

新築の物件を購入する際は、法人(事業者)から購入をするため消費税がかかりますが、中古物件の場合、個人が売主であれば消費税はかかりません。

仲介手数料や諸費用には消費税がかかりますが、販売価格の大きい物件の価格の消費税は大きな負担となります。

自分好みの室内へリフォームしたい方にも中古のマンションはオススメです。

新築物件でも設計変更は可能ですが、そもそもの販売価格は中古物件に比べて高いです。

そこから設計変更をすると、購入金額はさらに高くなりますが、中古物件の場合はある程度の値引き交渉が可能な場合もあります。

販売価格も新築物件よりは安いので、リフォームの予算をある程度決めておくことができれば、予算にあう物件を購入し好みの室内にすることができます。

フルリフォームをする場合ですと、一度誰かが住んでいたという履歴も気にならなくなるのではないでしょうか!

中古物件では実際に室内の見学ができるため、室内の広さや収納力・眺望や陽当りもしっかり確認することができます。

新築はモデルルームで内装や設備のイメージをすることとなります。

間取などはイメージができてもいざ住んでみると眺望が思っていたのと違った。外の音が気になるということも少なくはありません。

中古マンションを購入する場合でも、気をつけなければいけない部分もありますが、メリットも多く周辺の環境や立地によっては資産価値が保たれる場合もあり、将来売却をすることにしたときの状況によっては購入した価格よりも高く売れた!なんてこともあります。

物件だけで選ばずに資産価値として将来どうなるのかも考えておくのもポイントです。

中古物件を購入する場合は物件のメリット・デメリットを説明してくれる不動産業者に相談をしましょう!

物件にはデメリットがひそんでいることもあります。メリット・デメリット両方をしっかり確認して購入の検討をしてくださいね(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

タイトルとURLをコピーしました