住宅ローンが残っている場合の売却

この記事は約2分で読めます。

皆さまこんにちは!

住宅ローンが残っている場合でも売却はできます。

ただし、売却したお金で完済する必要があります。

ご自宅の売却を検討した際にまず必要なことが現在の住宅ローン残高を確認する事です。

同時にご自宅の査定を不動産会社にしてもらいましょう(^^♪

室内を見ずに机上で査定する方法もありますが、各社高い金額で出す傾向があるので必ず提示された金額で売却ができる!と考えてしまうのは危険です。

実際に室内をみて提示された金額の方が売却価格に近くなります。

すぐに売却をしない場合は、参考程度にしておくのが良いかもしれません。

売却が可能となる金額で、残債を完済することが出来ない場合は差額を自己資金で補うこととなります。

一時的にご両親や兄弟などがら借りるかたもいらっしゃいます。

住替え先を購入する方は、現在のローンの残債と新しく購入した物件のローンを一つにまとめることも可能です。

ただし、一つにまとめる場合は金融機関の審査があるため必ずできるとは限りません。

売却の査定・おおよその差額がわかれば事前に金融機関へローンの打診ができるので、あらかじめ審査をしておくのも良いです。

不動産の売却には仲介手数料や登記費用などの諸費用もかかります。

売却した金額からお支払いしていただくこととなりますので、諸費用を含めて完済できるかどうかを確認する必要があります。

不動産の査定は無料です。

売却のご予定があるかたはお問合せ下さい♪

ご連絡お待ちしてます(@^^)/~~~Happy♥

謎スタッフXより

タイトルとURLをコピーしました